特定非営利法人白河花里倶楽部のミッション

特定非営利法人白河花里倶楽部のミッションは、小さな命に寄り添い、笑顔にすることです。小さな命とは、単に小さいだけではなく、弱い命という意味もあります。もちろん、人も含めての弱い命です。

写真は、天国にいる保健所出所犬カレンとギスケです。ドッグランでの徘徊運動中、朝日が降り注ぎました。

動物福祉と社会福祉の融合

動物の笑顔や幸せな仕草は、たくさんの人を笑顔にする力を持っています動物を救い笑顔にすることは、人間社会の福祉につながると考えております。動物の中でも、センターに収容される犬猫など、死に直面した命や、野良猫、捨て犬猫などを可哀想と思う方々が存在します。特に野良猫は、社会的弱者の方々がお世話をしているケースが非常に多く、これは弱い立場の命に共感をすることで、癒やしを得ているのではないかと考えております。

センターに収容される犬猫の中には、大きな腫瘍をぶら下げた犬や、視力聴力が衰え、歩行も困難な犬もいます。また、車に轢かれた犬猫や、病気や怪我で身動きできない犬猫もいます。当法人は、ミッション実行のために、老病傷犬猫のためのシェルターを作り、一番弱い命を引き受け、生を全うさせ、愛され必要とされた記憶とともに、天国へ送り出したいと考えております。

毎日のように、犬猫の引取り依頼や、負傷犬猫の通報がありますが、スペース・人員・資金がありません。お断りするしかない状況です。何もない中で保護すれば、虐待になります。世話する者も居場所もないのです。しかし、反対に、この「スペース・人員・資金」があれば、助けることが可能なのです。

老病傷犬猫保護シェルター「プチヴィー」創設計画

車に轢かれ大怪我をした犬や猫、病気や怪我のため動けなくなった犬や猫を発見した場合、ご自分で病院に連れて行く人もいます。しかし、それ以外はセンターに収容されます。道端で動物嫌いに虐待を受けるよりは良いかもしれませんが、できることなら、殺処分ではなく、十分な医療を施し、野良猫であればリリース、犬であれば譲渡もしくは終生飼養し、生を全うさせてあげたいと思いませんか?理想は、人間同様に犬猫救急車が出向き、すぐに動物病院へ搬送。これは、月に行くよりは実現可能な夢だと思います。

当法人は、老病傷犬猫専門保護シェルターを作り、人も動物も笑顔にしたいと考えます。思いつきでできることではありません。莫大な資金が必要です。しかし、命を救うためには、絶対に必要です。また、低所得者、飼い主不明猫のための、低料金動物病院をシェルターに併設したいと考えております。名前は、プチヴィー(仏語で小さな命)

●老病傷犬猫専門保護シェルターの創設

●低所得者、飼い主不明猫向けの低料金動物病院併設

●シェルター運営により動物を愛する社会的弱者の雇用を創出

●低所得者・高齢者による多頭飼育崩壊を防ぎ地域社会に貢献

●命を尊ぶ社会をつくり、殺処分ゼロへ!

「動物のためか!」と見下す人もいるでしょう。しかし、たくさんの方々が、動物のために一喜一憂しています。動物の笑顔は、人間の笑顔につながります。つまり、動物の笑顔は人間の福祉です。傷ついた動物を助けることができれば、笑顔になる人間が増えます!

私たちは、自然や動物を通じて、人間を笑顔にする活動をしております。福祉から始まった団体のオリジナルな活動を推進します。

★ミッション遂行のために、皆様へのお願い

シェルター建設予定地を探しております。白河市内の山林、2千坪以上を希望します。これは個人名義(個人資金で購入)もしくは、団体との共有にし、個人死亡時には団体に遺贈致します。それまでは無償貸与します。土地を購入した段階で、詳細な建設資金計画を立て、広く全国の皆様にご支援をお願いしてまいります。

●2015~2017年度会計報告により、認定NPO法人を目指したいと考えております。シェルター建設に関して、皆様にご支援をお願いするにあたり、認定NPO法人となり、皆様に税制控除があるようにさせていただきたいと考えております。認定NPO法人となるには、たくさんの方々からご寄付をいただいていることが条件の一つとなります。ご協力、よろしくお願い申し上げます。